化粧品等の使用に際して

1.お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
使用中、又は使用後日光にあたって、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれたときは、使用を中止し、皮フ科専門医又は弊社へご相談をおすすめします。そのまま他の化粧品も含めて使用を続けますと、悪化することがあります。

2.傷、はれもの、湿疹等、異常のある部位には、ご使用をおやめください。

ページのトップへ戻る